FC2ブログ

2月13日発売「fabulous act」vol.11・堂珍さん&山本さん

今日発売の
「fabulous act」vol.11
P36~P49の計14ページは
「アナスタシア」での堂珍さん×山本さん

オールカラーで
お二人は会見時のコート姿
同じ日の取材と思われます
読んだものだけでもこれで何冊になるやら
ほんとにたくさん一部は繰り返しお話しされていて
本当にお疲れ様です
PR活動は大事ですが根気のいる
大変な仕事

掲載14ページの内訳は
グラビアページ9ページで
うち3ページずつがそれぞれお一人で
あとはツーショット
インタビューの文章びっしり4ページ
インタビューとは別の質問にそれぞれ答えてるとこは1ページ
*上半分ツーショット

他のインタビューでも読んだ内容あり
こういうこともお話しされたんですね!もありです


ここからは内容に触れます
読まれるまでNGの方はご注意を




ライターさんからの最初の質問は
Q:グレブ役に決まったときの気持ち。

山本さんは「アナスタシア」を
「大型のグランドミュージカルでど直球の作品」
と表現されていて
レミゼのあと"選んでこなかった"と私達は思ってませんでした
ジャンルの作品に挑戦することを
他のインタビューで話していたのと同じく
「新しい自分が発見できると思う」
とお話しされていて
今の山本さんなんだな~と思います


そのあとのオーデションのお話しは
今までに読んだものより詳しかったです

山本さん曰く、
けっこう詳しくその内容を話したあと
「長かったけどワークショップみたいなことをちゃんとやって、
その人自身を知ろうとしている。
そういう意味ではすごく愛を持ってオーディションされていたな
というのが僕の印象です」


自分を知ろうとしてくれたと感じたことが
印象的だったのだろうと思うのと
演出もやるお方だからそちらの面からも
思うところがあったのかな?と

何に対してであれ、取り組む対象への
「愛を持って」は山本さんにとっては
とても大切なことであり、言葉だろうと思いますから、
それが感じられたことが良かった、
と話してもいるのだと思いました。


堂珍さん、については、
やっぱり、
時期や演出が異なるけれど
共に『RENT』を生きたことで
「すごく近い存在」と思うんですね、山本さんは。

あの世界を生きたことで
感じたはず、わかってるはず、内にあるはず、残ってるはず、
とても信頼を置いているのだろうと思いました


そのあと
他でも読みました
少しむずむずしちゃうようなお話しが続き
読んでいくと、
ライターさんが山本さんに
長いキャリアがあって、今、
「改めて舞台への思いを聞かせてください」
と聞かれてました

山本さんの答えの前半は
アスリートに近い、と話し、
「その役を2時間なり3時間なり、
頭から、心もそのままに追いかけていけるのは、
舞台が一番リアリティがある」


また
舞台は自分のスキルが露わになる
鍛錬の場であり自分を知れる場、
と続いて

他で少し短めだった
「突き詰めれば突き詰めるほど意外と簡単だったりもするし」
の言葉もありました

「知れば知るほどわかってくる、唯一の場所な気もするんです」
とお話しされていました

舞台は同じセリフを100回も200回も言うから
「だから毎回100パーセント以上のものが出ている
気がしますし、自分の潜在能力を引き伸ばすような
感じもしています」

とお話しされていました


ここからはお二人の音楽談義。
堂珍さんの
「女性アーティストが表現しているものを、
自分も表現したいという憧れがずっとある」

のお話しは
そういうことを言う方?
男性アーティストのそういう言葉を
初めて見ましたし、「へえ~」となりました



最後は筋トレのお話
山本さん
目標は「もうちょっとできるかな、の回数でいいんですよ」
腕立て伏せ1回からで良いのだそうです
そうなんですかぁ~なるほど


最近の山本さんのインタビューは
特に舞台のことは、
その「突き詰めれば」辺りを言葉にされてますね
ご本人がそうとわかっておられて
その上でたどり着きたいとか、見つけたいものが
あるのかな?


インタビューの文章ぎっしりとは別ページの
お二人への質問は、
Q:あなたにとってのハッピーソング(は?)
山本さんの答えは、
「RENT」の「RENT」
「普通に聴いていても躍動感があってワクワクするんですよ」
こういう曲だからとお話しされたあと
「僕はかなり上がりますね」
「しょっちゅう聴いてます」
とお話しされてました



「fabuluos act」は相変わらずぶあつい本ですので
グラビアページがとてもしっかりしていました
もし本屋さんになかったら?
と思い、ネット注文し
今日の発売日に合わせて
コンビニに届いてましたので
お昼の仕事休憩中に受け取りに行きました


気になる方
本屋さんにありましたら購入できますように
また本屋になかったら
ネット注文して下さい
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ruka339

Author:ruka339
ruka339

Author:ruka339
初めましてruka339と申します
2004「新撰組!」土方歳三役を
演じられた俳優山本耕史さんのファンです
ファンになってから
「陽炎の辻」シリーズを見たり
出演されているドラマなども見ており、
舞台も観劇しております
地元は京都に住んでおります。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
お気に入り
@ruka339・Twitter
最新記事
雅姫・ruka339
QR